--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_08
30
(Thu)05:36

小京都 津和野

小京都 津和野へぶらっと旅してきました。

2012_0828_141457-IMG_8031.jpg
目的は紙漉きの体験。さなと行ってきました。

2012_0828_145327-IMG_8043.jpg


ハガキ作り。

2012_0828_110822-IMG_8013.jpg

色付け体験

2012_0828_084048-IMG_7990.jpg

私。
2012_0828_133900-IMG_8027.jpg

さな。

2012_0828_134037-IMG_8028.jpg

記念撮影。

2012_0828_135039-IMG_8029.jpg

かなり自己満足。笑

大好きうどん。

2012_0828_113711-IMG_8019.jpg

津和野といえばいなりずし

2012_0828_113442-IMG_8018.jpg

おいしかったです。

お参りもしないと

2012_0828_120037-IMG_8020.jpg

2012_0828_120134-IMG_8022.jpg

2012_0828_120208-IMG_8023.jpg

歩こう。歩こう。私元気?笑

おみくじ引いたり。イタリアベネチアの成功祈願を絵馬に書きました。
忙しくて稲荷神社の写真撮り忘れました。

美術館めぐり。

津和野って美術館が多いことにびっくりしました。

2012_0828_092800-IMG_8001.jpg


安野 光雅(あんの みつまさ、1926年3月20日 - )は、日本の画家、装幀家、絵本作家、元美術教員。島根県鹿足郡津和野町出身。現在は東京都小金井市在住。

子供の頃より、画家への夢を抱いてきた安野光雅は、美術のみならず、科学・数学・文学などにも造詣が深く、豊かな知識と想像力を駆使して独創性あふれる作品を発表してきた。原色や派手な色をほとんど使わない淡い色調の水彩画で、細部まで書き込まれながらも落ち着いた雰囲気の絵を描く。

主な著書に、『ふしぎなえ』、『繪本平家物語』、『天動説の絵本』、『空想の絵本』、『ABCの本』、『旅の絵本』、『算私語録』、『空想工房』、『空想書房』、『わが友 石頭計算機』(『石頭コンピュータ』としてリメイクされている)など。

森鴎外の翻訳『即興詩人』(アンデルセン原作)の熱心なファンとしても知られ、舞台となったイタリアの紀行文『繪本即興詩人』を発表している。


2012_0828_105205-IMG_8004.jpg

2012_0828_095203-IMG_8002.jpg

2012_0828_095331-IMG_8003.jpg

先生の優しい水彩画に心が癒されました。

館内にはプラネタリウムも完備。
星空を見上げていました。

アンティークドール美術館

こちらは撮影禁止でしたがアンティークレースのウェディングドレスが素晴らしかったです。

2012_0828_125454-IMG_8024.jpg

後は大好き雑貨屋さんめぐり。

2012_0828_142310-IMG_8041.jpg

苗とかくわとか売ってある中に

2012_0828_142153-IMG_8038.jpg


まえから欲しかったふきん。みぃつけた。

2012_0828_165421-IMG_8049.jpg

こーんなに絵柄があることにぴっくり
かわいい。

2012_0828_085624-IMG_7995.jpg

2012_0828_085724-IMG_7997.jpg

2012_0828_085821-IMG_7998.jpg

2012_0828_085848-IMG_7999.jpg

2012_0828_085611-IMG_7994.jpg

娘がお買い上げ。

2012_0828_165340-IMG_8048.jpg

2012_0828_165241-IMG_8047.jpg


雨が降ったり、やんだりといまいちの天気でしたが
楽しかったです。

illust-usagitokasa.jpg





ランキングに参加中。

一坪の花屋をもっと知っていただきたいので
クリックお願いいたします。
ポイントがつきます。

ハンドメイドブログ



広島ブログ

ありがとうございました。


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。